地元情報誌が山口県を深堀していくウェブマガジン

【光】全員ゴール達成! / 「梅まつりコバルト・ウォーク」 参加レポート

ご参加ありがとうございました!

2月22日(土)に開催された“梅まつりコバルト・ウォーク”。
天気はまさかの雨。それでも驚くほど多くの参加者が、会場・光市総合体育館に集まっていました。

改めて説明すると、今回のイベントは6km・8km・13kmと3コース用意され、それぞれが可能なコースを選んで参加するというもの。トライアングルスタッフ(以下、トラスタッフ)も6km、13kmからそれぞれ選択し、4人ずつに分かれて参加しました。

生憎の天候

会場では雨のため、当初の予定より30分ほどスケジュールが遅れていましたが、まずはゴールまでの所要時間が最も長く、参加者が最も多かった13kmコースの参加者がスタート!
スタート直後でもすでに先頭と最後尾の差が出てきており、私達トラスタッフは最後尾を歩くことにしました。
歩いていると、まず私たちの前に現れたのは上り坂。2kmくらい登ると早速、給水所とお手洗いが見えてきました。景色を確かめに立ち寄ったものの天候が悪く、霧で何も見えませんでした(笑)。

楽しい道のり

気を取り直して再スタート。傘を差しながら、一緒に歩いてくださっている読者の方と和気あいあいとトークを繰り広げていると、6kmコース折り返し地点・8kmコース折り返し地点を過ぎ、あっという間に13kmコースの中間地点(折り返し地点)に到着。
事前に調べていた情報では中間地点では、青い海と島々が臨める絶景が広がっていると聞いていて、「わーい!写真をたくさん撮ろうー!」と意気込んでいたのですが、実際に着いてみるとこんな感じでした……。悪天候恐るべし。でも、テンションだけは大盛り上がり!

折り返し

さて、コースの半分を歩ききったところで折り返して下山開始。下山を始めて10分ほど経った頃、驚くべきことが起きます。スタートしてからここまでずっと不穏だった天気が、急に快晴に‼「もう少し遅くいけば絶景が見れたのに…」。しかし、戻る元気は既に残っていませんでした。
仕方なく、引き続き足を進め、ゴールへと向かいます。
そして、行きに立ち寄った給水所に到着!そこには先ほど見たものとは見違えるほど澄んだ景色が広がっていました。そこで記念撮影をパシャパシャッと。

あと少し

さて!ゴールが目前に迫ってきました。冠梅園に咲く梅の木々の間に通る道を、写真を撮りながら歩いていきます。
そしてゴール!無事、誰も怪我せず体調も良いまま完歩することができました。そのまま飲食ブースへと行き、食事へ。参加賞でもらえるチケットでうどんか焼きそばのどちらかと交換できるためそれぞれが受け取り、「いただきます!」。疲れた後に食べる食事は格別。その後は、これまた参加賞でもらえる温泉無料チケットを使って温泉に入り、私達トラスタッフにとって最高の一日となりました。


これからも県内で行われるウォーキング大会にどんどん参加していきます‼
皆さんも健康な体を目指して一緒に歩きましょ~う!

皆さんもぜひ「やまぐち健幸アプリ」を楽しんでください!
▼ダウンロードはコチラ!
https://yamaguchi.karada.live/app/


SNSでフォローする
Translate »