地元情報誌が山口県を深堀していくウェブマガジン

【防府】雑貨と本と版画から、癒やしを貰う/コトノハ贈りもの店

アートギャラリーのような空間で 
“ことば”で紡ぐギフト選びを

防府市・旧2号線沿いにひっそりと佇むのは、ことばをテーマに物語のある雑貨が揃う『コトノハ贈りもの店』。
白を基調とした店内には、雑貨や本、版画などあっと驚くアイテムが並びます。

軽くて色鮮やかな耐熱GLASSは¥1,200~(税別)。 


雑貨は「手頃な価格で良いものを」を基準に、シンプルだけど機能的なものを揃えています。イチオシの耐熱GLASSは温かい飲み物にも使えるグラスで、想像以上に軽くて色鮮やか。けれど¥1,200~ととってもリーズナブルなんです。

ほかにも、シルクでできた手袋や、水引きをモチーフにした箸置きなど、自分へのご褒美や贈りものに喜ばれるアイテムが数多く並びます。

本コーナーには、クスッと笑えるナナロク社の本が。


さらに雑貨以外にも本が置いてあるのは、コトノハ贈りもの店ならでは。
ただ、ここにあるのは文字ばかりの本じゃないんです。
本コーナーの大半を占めるのは、ナナロク社の本。クセの強い1ページ漫画や、詩集、絵本などクスッと笑える本が揃います。
手に取ったが最後、衝撃的な出会いが待ち構えているかもしれません。

版画のイラストレーター・アンドーヒロミさんによる干支版画。来年の干支「丑」は数量限定でご予約受付中。

また、気軽にアートに触れられるようにと、版画の展示販売もされています。
絵画ではなく、あえて版画を販売しているのにも意味があるそうで、「版画には絵画と違って、作品の中にタイトルが書いてあることが多くて。タイトルには作家さんの想いも込められているので、作品だけ見て感じる印象と、タイトル込みで感じる印象は全く違うんです。」と店主さん。

こちらのお店では、雑貨を販売する『コトノハ贈りもの店』の空間半分を『優穏空間 Selfcare Lab』が店内シェアしています。

『優穏空間』では、働く人の心と体の健康をサポートする産業保健師が講師となって、地域で働く人向けに「アートセラピー個別ワークショップ」や「セルフマネジメント個別講座」などを行っています。

雑貨や版画から癒やしを貰いつつ、「優穏空間」でセルフケアのサポートが受けられる『コトノハ贈りもの店』。
心からの癒やしを求めて、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

●コトノハ贈りもの店

☎050-5243-0918
所》防府市天神2-3-32 1F東
営業時間》14:00~18:00
定休日》火曜、不定休
 ※HP等でご確認を
駐車場》2台
https://kotonohaokurimonoten.shopinfo.jp/
Instagramfacebookあり

●優穏空間(ゆうおんくうかん)

営業時間》14:30~17:30
※予約制
https://ameblo.jp/chichichi0606
Instagramあり
※オープン日はHP等でご確認を。
※ご予約・お問合せは[email protected]またはインスタメッセージまで。

掲載の内容は取材時のものです。メニューや価格、営業時間、定休日など、最新情報と異なる場合がありますので、事前にご確認をお願いします。


SNSでフォローする
Translate »