地元情報誌が山口県を深堀していくウェブマガジン

【宇部】いつの世も、変わらぬ響きを。/たましげ琴製作所

受け継いだ技と心で
ひたむきに、丁寧に。

宇部市に県内で唯一、琴を作っている『たましげ製作所』があるのをご存知ですか?

元々は和楽器の販売を行っていたそうですが、時代の変化により三代目が製作の道へ。
今は四代目の玉重彰彦さんを中心に、職人さんたちと手分けをしながら製作されています。

琴づくりの工程

琴づくりの工程を大まかにいうと、

桐の木を製材し約1年間干す

琴の本体を削ったり表面を焼いたりする甲作り

細工
という流れ。

特に音を決める上で重要なのが、甲作りの中の、裏側を削る中削りという作業です。
木の癖や全体のバランスを考えつつ、どこをどれだけ削るかで響きが全く変わってくるのだとか!
取材時は小さなサイズの琴(かかる手間はほとんど変わらないそうです)の裏側を削る様子や甲焼き、そして調弦など、様々な作業を見せていただきました。

琴づくりは昔から完成された形のため、玉重さん曰く「変える必要がない」のだそう。
だから三代目から引き継いだ技を守り続け、ひたすらに丁寧に。

琴の匠ではなく、琴司(ことし)と名乗る玉重さんの謙虚さと職人らしい直向きさを感じました。

たましげ琴製作所

☎ 0836-67-0175
所》宇部市船木692-2
営業時間》8:00~17:00
駐車場》あり
http://tamakoto.com
facebookあり

※見学の場合はお電話を

掲載の内容は取材時のものです。メニューや価格、営業時間、定休日など、最新情報と異なる場合がありますので、事前にご確認をお願いします。


SNSでフォローする
Translate »