地元情報誌が山口県を深堀していくウェブマガジン

【山口ゆめ回廊企画】参加型アートプロジェクト『7市町のひかりの実』

ワークショップの様子

樹木をいろどる
光の実のイルミネーション

『ひかりの実』は、アーティスト・髙橋匡太氏考案の参加型イルミネーションです。

これは山口ゆめ回廊博覧会の圏域7市町が協力する企画。
各所のワークショップで事前に作成された“笑顔が描かれた果実袋”が、小さな光を放つ無数の「光の実」となり、3エリアの樹木に飾られます。

みんなで協力して作り上げた、大きなあたたかい夜景を見に行きませんか。

【展示場所】
・新山口駅北口交通広場(山口市)
 〜12月31日(金)まで
 ☆約1,500個

・ルルサス防府周辺(防府市)
 12月11日(土)〜2022年1月10日(月・祝)
 ☆約1,000個

・ときわ公園内 桜山及び梅園周辺(宇部市)
 12月25日(土)夕方〜1月16日(日)
 ☆約7,500個

※12月12日(日)はときわ遊園地 体験学習館モンスタにてワークショップもあり。
 10:00~12:00、13:00~15:00

●『ひかりの実』について
https://hikarino-mi.jp/about

●みんなが描いた『ひかりの実』はこちらから
https://hikarino-mi.jp/

●山口ゆめ回廊博覧会公式ホームページ
https://yumehaku.jp/

記事の内容は月刊タウン情報トライアングル2021年12月号掲載時のものです。イベントは余儀なく変更される場合がありますので、おでかけ前に最新情報のご確認をお願いします。


SNSでフォローする
Translate »