地元情報誌が山口県を深堀していくウェブマガジン

【下関】出会いが生まれる場所。無人駅内に誕生した施設“AGAWA”とは。

昼と夜で異なる趣き。
人が集まる、あたたかな無人駅

角島大橋にほど近い無人駅・阿川駅

古き良き駅の施設横に現れる建物が“Agawa”です。

この施設を手掛けたのは、全国的に有名な萩のゲストハウスrucoのオーナー塩満さん。この地の情景や人に魅せられ“駅自体を人が集まる場所にできないか”という想いから、JR西日本とも連携し、全国的に珍しい「人が集まる無人駅」を誕生させました。

またここで味わえる料理家・西野さんの料理も魅力的。阿川米や地元農園の野菜、長門市俵山のジビエ、東後畑の棚田保全ハーブなどを使ったフードが約8種、ドリンクはアルコールを含め約13種ほど並びます(内容は昼・夜・季節ごとに変化)。

県内各地にAgawaのような場所ができたら嬉しいと語る塩満さん。そんな塩満さんをはじめ、人や食に逢える列車の旅をぜひ。

夜になると表情を変えるAgawa。地元の方だけでなく、この場所に魅せられた方が続々と集まり、会話にも花が咲きます。

※紹介した飲食物は取材当時のメニューです。季節によって変更があるため要事前確認を。

Agawa(あがわ)

☎ 083-786-2401
所》下関市豊北町大字阿川(阿川駅横)
営業時間》金曜 18:00~21:00、土曜 11:00~16:30、18:00~21:00、日曜 11:00~16:30
駐車場》あり
https://www.agawa1928.com/
☆Instagram(@agawa1928)あり

掲載の内容は取材時のものです。メニューや価格、営業時間、定休日など、最新情報と異なる場合がありますので、事前にご確認をお願いします。


SNSでフォローする
Translate »