地元情報誌が山口県を深堀していくウェブマガジン

【下関】デカ盛りチャレンジへの挑戦状!?ボリューム系見参!/永島家

個性派揃いのたこ焼き&
唐揚げ食堂OPEN!!

2020年2月17日にオープンした、たこ焼きと唐揚げのお店。
テイクアウトでも店内食でも楽しめます。

気になるこだわりの個性派メニューがいろいろあるので、早速スタメンメニューをご紹介していきましょう。

観己流たこ焼き6個¥400、12個¥700、18個¥1,000

創業100年の高級カギ印ソースを使用した贅沢なたこやき。

外はカリカリ、中はトロトロ。
こだわりの和風ダシが効いた生地の中に、大粒の蛸と蒟蒻が入っている、ちょっと珍しいたこ焼きです。

名前の観己流とは、永島家の創業者が運営する空手団体が由来で、創業者が下積み時代に作っていたたこ焼きを商品化したことから名付けられました。

実は、お財布事情が厳しい時代に、たっぷり食べられるよう、蛸の代用として蒟蒻を使ったことが始まりで、友人たちに振る舞ったところ、大人気を博したとか!

ほどよい食感の蒟蒻がクセになり、女性にも人気です。

唐揚げ¥400
(塩ダレ・南蛮・キムチ・明太マヨは+¥100、激辛は+¥300)
秘伝のニンニク醤油ダレに6時間漬け込んだ唐揚げ。
低温でじっくり揚げたあと、高温でサッとに2度揚げするという、手間ひまをかけた一品です。
しかも大きさは、一般の1.5倍サイズ!
ザクっと食べ応えがあります!

唐揚げ丼
並¥600、大¥700、特¥800、男盛¥1,300
※写真は並盛り
(塩ダレ・南蛮・キムチ・明太マヨは+¥100、激辛は+¥300)
永島家の唐揚げは、白米やお酒に合うように試行錯誤を繰り返したというだけあって、丼との相性も抜群なんです。
そして、注目はこちら!↓

南蛮唐揚げ丼 男盛り約1.5kg!
ボリュームがハンパない、これぞ永島家看板メニュー。
これでも食べきれないくらいのボリュームですが、さらにさらに…↓

デカ盛りチャレンジ
食王盛¥3,000

(塩ダレ・南蛮・キムチ・明太マヨは+¥100、激辛は+¥300)
永島家名物の大きな唐揚げがナント25個、総重量約3.7kgの巨大唐揚げ丼。
1人40分以内に完食すれば、無料に!
この容赦ないお店から挑戦状に、立ち向かってみる!?

【PICK UP MENU】
・唐揚げカレーライス(並)¥800
・たこ焼き茶漬け¥600
・唐揚げ茶漬け¥600
・たこ唐揚げ¥350
・ごぼう唐揚げ¥350
・メガポテトフライ¥600
※価格は全て税込み

写真は唐揚げ茶漬け

いずれもボリューム満点でこだわりが詰まっていながらも、お財布に優しい価格なのが嬉しいところ!
ビールや酎ハイなどもあるので、こちらで一杯楽しむこともできますよ。
(プロテインドリンクもあります…!)
ぜひいろんなメニューをチャレンジしてみてください。

たこ焼き&唐揚げ食堂 永島家

☎083-227-2172
所》下関市長崎本町4-7
※下関駅から徒歩11分
営業時間》11:00~15:00(14:30 L.O)、17:30~22:30(22:00 L.O)
定休日》木曜
駐車場》あり
https://nagashimaya.crayonsite.com/
Instagram、YouTube(りじちょーチャンネル)あり

掲載の内容は取材時のものです。メニューや価格、営業時間、定休日など、最新情報と異なる場合がありますので、事前にご確認をお願いします。


SNSでフォローする
Translate »