地元情報誌が山口県を深堀していくウェブマガジン

【スタッフコラム】タカショーの「猫すとーかーな日々」vol.4

猫カフェの猫1

山口県のタウン情報誌トライアングルのスタッフ達が、自分達の趣味や強みを生かして記事にするコラムです。

担当:タカショー

トライアングルスタッフ随一の動物好き(自称)。
特に猫には何かと反応してしまうため、スマホには猫写真、猫動画がちらほら。ただし、外猫には警戒され、逃げられる確率が高い。

こんにちは、
トライアングルの猫担当(!?)スタッフ・タカショーです。
日々猫さんに逃げられる私も、時には思いっきり近付きたい…!ということで、今回は猫カフェの猫さんに会いに出かけました。

県内にはいくつか猫カフェがありますが、その中で1番最初にオープンしたのが、今回お邪魔した下関の猫カフェ『猫と本 Miaw』さんです。
私がトライアングルに入ったばかりの頃にオープンの取材に伺って以来のお付き合いで、時々(ホント〜に時々なんですが)足を運んでは猫さんに癒やされています。
ソレゆえ、愛が溢れすぎてしまったらご勘弁をw

さて、まずは『Miaw』についての概要です。
唐戸市場やカモンワーフにも近い赤間町のビル2Fにあり、2部屋の広々空間に12匹の猫さんたち、それから約4,000冊の本が待つ猫カフェです。猫に関する本はもちろん、漫画や雑誌も充実しているので、常連さんの中には読書目当てで訪れる方もいるんだとか。
私も普段はオーナーにお話に付き合ってもらいながら、猫をなでたり、本を読んだり、、なのですが、今回は撮影メインで過ごしました。


最初の登場はしましまズ。はなちゃん、ムサシくん、まるくん、たびくん、ポン太くんはしましまズとまとめて呼んじゃう私。大体カウンターにいるので、オーナーさんとお話するときはナデナデしちゃうのがこの子たちです。

お釣りを置くトレイにすっぽりはまるのがお気に入りのはなちゃん。どうしてそんな表情なのさ、とツッコミながら撮る。でもそんな顔も好きだ…。

お次は、美猫で猫雑誌の表紙常連のひよりちゃん。いつもはこたつにインしているそうですが、撮影時は途中でパトロールにやってきました。

で、その姉妹のいろりちゃん。姉妹なのに、最近は一緒にいないんだとか。二匹ともしましまズのムサシくんが大好きなのだそう。

おやつのちゅ〜る(1本¥80)をあげることもできるので、スプーンであげながら撮影をこころみました…が、若干、鬼気迫る表情に。
美味しいものを目の前にすると、人も猫も真剣になるんですね。

ちなみに写真には入ってないのですが、ちゅ〜るをあげるとあっという間に人気者に!
で、跪いてあげると、運がよければひざの上に肉球をのせられる、というご褒美が与えられます(笑)

私のお気に入りの(いや、どの子も好きなんですが、長毛種の子は外猫さんで出会うことがないもので)ノルウェージャンフォレストキャットのニコくんとビッケくん。


北欧では“森の妖精”と呼ばれるだけあって、ふわっふわの毛が透き通るような美しい猫たちです。
が、ニコくんは何故か耳毛が長いw
某元総理の方みたいだなぁと思いつつ、そんなところも可愛く見えてしまう…。

ラグドールのくらのすけ…黙っていれば男前、なハズなんです。

お店の紹介文に書いてある「すっとこどっこい」の称号をほしいままにする彼は…やっぱりちょっと変なコです(笑)でも目が離せない、愛すべき1匹。

大人気のみさをちゃんはマンチカン。足の短いタイプで歩く姿はもちろん、座る姿も魅力的。

私が撮影した際、最初は切り株クッションにいました(ヒーターの風がよく当たるらしい)。
が、最近の定位置はこたつの上だそうで、帰るころにはイソイソと移動してお休みになられました。私の撮る角度とお眠なお顔が合わさっておばあちゃんっぽく(笑)ダメだ、可愛い…(語彙力が崩壊する可愛さ)

今回のベストショットは…迷いに迷って、みさをちゃんに。もう、これは私の技術や表情というより、みさをちゃんの存在自体がカリスマなので…!

外猫さんとの緊張感も嫌いじゃないのですが、猫カフェでまったり猫さんと過ごす日もまた格別♡しっかり堪能させていただきました〜♪♪♪
さてさて、次はどんな猫と出会えるかな。

【RESULT】


・今回出会った数  12匹
・今回の収穫  12匹

猫と本 Miaw(ミャウ)

☎083-265-5375
所》下関市赤間町3-41
 アサビル2F
営業時間》13:00〜20:00
定休日》火曜
駐車場》なし
https://miaw.jp/
facebookあり
※利用は中学生以上可、30分¥660〜、フリードリンク制
※靴下、マスク要着用

掲載の内容は取材時のものです。メニューや価格、営業時間、定休日など、最新情報と異なる場合がありますので、事前にご確認をお願いします。


SNSでフォローする
Translate »