地元情報誌が山口県を深堀していくウェブマガジン

【山口県散歩】りりまるのてくてくノートvol.7/夫婦岩 高水神社(周南市)

山頂にそびえる
夫婦円満のお姿

山口県のタウン情報誌トライアングルのスタッフ達が、自分達の趣味や強みを生かして記事にするコラムです。

今回の担当 りり丸

タウン誌では入社当時は体当たり企画「りり丸百番勝負」などを約10年担当。しかし年を重ね、体当たり企画は引退し、日々ゆるりと過ごす。が、ゴソゴソ度はおさまらない性分。県内をゴソゴソめぐりまくる。
☆Instagramは「トラ子編集室」はコチラ(スタッフ紹介もリールやハイライトで載せています!)

周南七福神、弁財天様の札所である「三光寺」。
その三光寺後方にある清尾山の頂上に、立派な夫婦岩があるのをご存知でしょうか。

今回はそのお姿を見たくて、かるーくハイキングに出かけました!


三光寺境内から山道がはじまります。
頂上までは、約1km。時間にして約30分程度といったところでしょうか。

序盤はちいさな小川に沿って道が伸び、水の流れを目にしながら、心地よく歩くことができます。
道も歩きやすく整備されていて、ゆるやかな坂道なので、話をしながらでも余裕がある感じ。
(ところどころに出現する丸太橋にはドキドキしますが…)

…と油断をしていたら、いつものごとく次第に、ところどころ急な坂になってきます(笑)。
体力も一踏ん張りが必要で、息はあがる一方…。(まぁ、ハイキングはそんなものですよね)
備え付けのロープを頼りに登った方がいい場面が何度出てくるので、軍手や手袋は持参しておくのがオススメです!

どんどんとラストに向けてスパルタな道となり、体はかなりヘトヘトに…。
が、頂上まで歩いて辿り着けば、きっと「歩いてきてよかった!」
そう思える絶景に出会えるはずです。

まず何といってもお目当ての、2つの巨大岩。
どちらも約8mほどの高さで、仲良く並んで鎮座。
いやぁ、圧巻の光景です…♡


岩に座って眼下をのぞけば(危険な場所までは行っちゃダメよ!)、爽快に広がる平野の風景。
ロケーションの素晴らしさに、疲れは吹っ飛んで、思わず小躍り!?疲れて果てていたテンションは、再びうなぎ上りです。
頂上も過ごしやすい広場風になっているので、コーヒーを淹れてゆっくり初夏のひとときを堪能しました。

帰りは、ところどころの急坂がすべりやすくなっています。
今回の相棒、スタッフやまもんは、2度ほど激滑りをしました(笑)
私、りりまるは踏ん張ったので、翌日の筋肉痛がハンパなかったです。
どうぞお気をつけて、お出かけください。
(我々だけですかね?)

ふもとである三光寺境内には、滝の観音(乳観音)があることでも知られます。

【登山口:三光寺境内より】
周南市大字清尾316
☎0833-91-0459
駐車場》あり

掲載の内容は取材時のものです。メニューや価格、営業時間、定休日など、最新情報と異なる場合がありますので、事前にご確認をお願いします。


SNSでフォローする
Translate »