地元情報誌が山口県を深堀していくウェブマガジン

【周南】県内でも珍しい、自然派ワイン専門店が誕生!/grape

角打ちもできるワインショップ

 県内では初かもしれない⁉自然派ワイン「ヴァン・ナチュール」の専門店が2020年2月1日に誕生しました!角打ちスタイルで味わうこともでき、今、注目度が急上昇しています。

自然派ワイン「ヴァン・ナチュール」とは

 「ヴァン・ナチュール」は、ブドウの畑づくりから収穫、醸造から瓶詰に至るまで、できる限り自然な方法で造られているワインです。店主の高松さんは「初めて口にしたときに、“体への優しさ”“ぶどう本来の味わい”を非常に感じました。特に、驚いたのは自分の体の反応。もともとはお酒に強い体質ではないんですが、ヴァン・ナチューのワインなら飲んでも頭が痛くならなかった。喉にもスーッと自然に通っていきました。」と話されます。

なるべく食事に合うよう、カジュアルに飲めるワインを揃えます。価格帯は1本1,500~8,000円。

生産者の想いを伝えるセレクト

 ヴァン・ナチュールとの出会いから約20年。「ヴァン・ナチュール」の魅力にますますはまっていった高松さんは、30年間務めたアパレル業界を離れ、ついにお店の開店へ。その間は、海外にわたってワインを積極的に口にし、県外のお店やイベントへ頻繁に足を運ぶなどして、自身のお店を形にするために経験を積まれていかれました。

 お店には、高松さんが作り手の想いに共感し、味に納得したワインが年間150~250種ほど仕入れられます。室温12度に保たれた大きなワインセラーもあり、ヨーロッパをはじめ、世界各国のおすすめの「ヴァン・ナチュール」がじっくりとセレクトできる空間です。「生産者さんによって味が違えば、年によっても味が変わる。すぐ飲んだ方がいいワインもあれば、何年か寝かした方がいいワインもある。ヴァン・ナチュールは、1本1本に個性があり、それが面白さでもあるんです。」と高松さん。だからこそこのお店では、店主とお話しを楽しみ、ワインの物語を聞きながら、ワインを選ぶのが醍醐味なのです。

グラスの販売もあります。

 店内には、角打ちスペースもあり、毎日4~8種がグラスで味わえます。ボトルで買う前のテイスティングとして味わうのもいいですし、飲みに出かける前の0次会にもお勧め。まずは、「ヴァン・ナチュール」に気軽に触れ合って、その魅力を堪能してみませんか。

なるべく食事に合うようなカジュアルに飲めるワインを揃えます。価格帯は1,500~8,000円。

wineshop grape(グレープ)

周南市飯島町1-22 1F
☎ 0834-34-1314
営業時間/月~木 12:00~20:00
 ※金・土・祝前日 12:00~22:00
定休日/日曜(祝日の場合は翌日)


SNSでフォローする
Translate »