地元情報誌が山口県を深堀していくウェブマガジン

【山口県釣り日記】やまもんの“釣っちゃろうかいね”。vol.1

今回の狙いは脂ののった「アジ」!
果たして釣れるのか!?

山口県のタウン情報誌トライアングルのスタッフ達が、自分達の趣味や強みを生かして記事にするコラムです。

今回の担当 やまもん

今回の担当 やまもん

山口県が大好きな私やまもん。WEBトライアングルでは趣味を生かして、釣りコラムを担当することになりました!普段山手に住んでいるからか、山口の透き通った海が特に好き!どうせ海に行くなら何か楽しみが出来たらいいなという所から釣りを始めて早1年経ちました◎。

「とにかく寒い!」のですが、今は魚が美味しい季節。トライアングルの取材で周防大島や萩へ訪れはしますが、休日になかなか釣りの時間を確保できず、海を眺めては悔しい気持ちを抱えるばかり。

そんな中、平日ですがやっと時間が出来たので久しぶりに「アジング(※1)」に行ってきました!
短時間でとにかく結果を残したい」との思いから時間は朝まづめ(※2)に決め、今まで一度もボウズ(※3)だったことがない国道188号線沿いのあの場所へGO!

到着すると既に3~4人ほどの釣り人が。「こんにちは~」と話しかけてみるとその方は、仕事前に我慢できなくなって来てしまったそう(笑)。僕も同じですー!なんて話しながら、早速場所を決めて釣行開始。

しかし始めて30分しても当たり(※4)は無し。どうしたもんかと重りを1.0gから0.6gに変えてみると、覚醒しました。

しかし本命のアジは来ず、1時間半が経っちゃった…。

いやー今日はダメかなー。なんてボーっとしていると、急に「ガツン!!」と当たりが!
なんじゃこの感じは!なんて思いながら糸を切らさないようにゆーっくり巻き上げると姿が見えてきました。

その正体は大きいカサゴ(ガシラやホゴメバル、アラカブなんて呼び名もあります)。僕たちは“デッカサゴ”なんて呼んでいます(笑)。サイズはなんと28cm。

やったぜ。なんて思ってしばらく底の方を攻めていると、なんとカサゴが爆釣に。これ以上釣ったら食べきれないなと感じて、すぐにアジングに戻りました。

そうしてアジ狙いに再び戻り、辛抱強く続けました。
辺りはすっかり明るくなり、漁に出かける船も何台か見かけるように。

しばらくすると、やっと来ました!アジ!小さいけどOK!
そして1匹釣れるとすぐにもう1匹かかりました。

そんなこんなでタイムリミットに。

今回は短時間での釣行で心配でしたが、まずまずの結果に!釣った2匹のアジは帰りにコンビニのおじちゃんにおすそ分けして、大満足な時間を過ごせました!

訪れるたびに様々な発見がある釣りの面白さ。次はどこに出かけようかな~!

※1(アジング)…ルアー(疑似餌)を生き物のように動かしながらアジを釣る釣り方。
※2(朝まづめ)…夜明けから日の出までの前後1時間程度の時間帯。
※3(ボウズ)…1尾も魚が釣れないこと。
※4(当たり)…魚が針をつついた時に、竿先やウキに表れる変化や手応え。

【使用したルアーはこちら!】

・reins アジリンガー「復刻メロンソーダ」
ここぞという時にアピール力のあるラメ入り。波が高い時や活性が低い時にも役立っています。


SNSでフォローする
Translate »