地元情報誌が山口県を深堀していくウェブマガジン

レノファ山口FCの選手の私生活、のぞいてみた! -お家ゴハン-

今回は、選手4名の お家ゴハンを紹介‼

県内初のプロサッカーチーム・レノファ山口FCの選手4名が、お家で作ったご飯を紹介します!選手のプライベートの顔に迫ってみよう‼

MF20 清永丈瑠選手

MF26 川井歩選手

MF14 吉濱遼平選手

DF23 伊東稜晟選手

①MF20 清永丈瑠選手

1994年10月24日生まれ。周南市出身。ボールを巧みなテクニックで操る攻撃力が持ち味のMF。昨季終盤からSBにも挑戦。整った顔立ちと気さくなキャラクターで女性ファンも多い。ファン感では謎キャラを惜しみなく発揮し笑いを取る一面も。

【POINT!】 鶏もも肉ではなく脂質の少ない鶏むね肉を使っていること。また、少しでもヘルシーに仕上げるために揚げるのではなく揚げ焼きにしています。

チキン南蛮定食

②MF26 川井歩選手

1999年8月12日生まれ。岩国市出身。豊富な運動量と高精度なキックが特長で、主にSBを主戦場とするMF。昨季はU-22日本代表に召集された。幼い頃に祖母の家で食べて以来イカにハマり、塩分を摂りすぎない程度ではあるが毎日イカを食べている。

【POINT!】 バランスの良い食事に気を付けています。イカやタコが大好きなので、結構な頻度で調理して食べます!

③MF14 吉濱遼平選手

1992年10月24日生まれ。神奈川県出身。確かな足もとの技術を持ち、アシストのみならず意表を突いた鋭いシュートでも魅せる技巧派MF。溌剌とした雰囲気と飾り気のない喋り口調で、若い選手からは『兄貴分』として慕われている?

【POINT!】 ポイントなんてないです。強いて言えば愛情です‼

④DF23 伊東稜晟選手

2001年4月26日生まれ。三重県出身。中学時代にレノファの試合を見て虜になり、ユースのセレクションを受け見事合格。昨年2種登録され、今季はチーム初のU18からトップ昇格を果たした。寮生活を卒業し、今年から本格的な一人暮らしが始まった。

【POINT!】 長友選手の『食事革命』という本を読んで料理を始め、栄養にこだわり、見栄えがよくなるように盛り付けや色合いなど気を付けました!

※月刊タウン情報トライアングル2020.6月号記事より トライアングルのSNSでは山口でのランチやお出かけなど、暮らしに役立つ情報を発信しているので是非チェックしてみてくださいね! URLはこちら(Instagramtwitterfacebook


SNSでフォローする
Translate »