地元情報誌が山口県を深堀していくウェブマガジン

【スタッフコラム】納豆の可能性、まだまだ模索中。

「納豆って、“沼”かもしれない。」

山口県のタウン情報誌トライアングルのスタッフ達が、自分達の趣味や強みを生かして記事にするコラムです。

担当:ぺろり

幼児期に、こたつの上のみかん食べたさに初めて立った食いしん坊。ふと思いたち、納豆の可能性を探るべく2021年元旦から納豆インスタを投稿開始(@n_a_t_t_o_h_710)。

みなさん、こんにちは。
トライアングルスタッフのぺろりです。

前回の投稿から、ありがたいことに
少しずつフォロワーさんが増えて,
紹介した「たぬきむすび風納豆」を
早速試してくださったフォロワーさんもいて
すごく嬉しかったです!ワーイ!

それと同時に、
おいしく食べられるものを投稿しなくては…と
背筋が伸びる思いがしております。
ありがとうございます。

さてさて、納豆の可能性はまだまだ模索中。
その中での個人的ヒットは「トマト酸辣納豆」です!

中華料理の酸っぱ辛いスープ「酸辣湯」(サンラータン)をヒントに考案。
こちら(↓)が元ネタイメージ。

・納豆
・ミニトマト
・ネギ
・辣油
・酢
・付属のタレ

材料は以上です。
これ、個人的にはヒットです!
酸っぱい味が好きな人にはおすすめ。
トマトのフレッシュさと
酢の酸味、辣油の辛味、ネギの風味が
納豆のクセを爽やかにしてくれます。
ちょっとサラダっぽい納豆と言いましょうか。
ぜひお試しくださいね。

さあ、まだまだ納豆の味付けを追求するぞ!
とにかく納豆の世界は広くて、深い。
納豆の沼を、これからもずぶずぶ泳いでいきます。笑

ではまた〜!


SNSでフォローする
Translate »