地元情報誌が山口県を深堀していくウェブマガジン

【津和野】9月限定、“幻の栗”に出会える!栗ひろい体験

レア度満点の栗は、
完全予約制の早い者勝ち!

山陰の小京都として知られ、日本遺産にも認定されている津和野町。
実は知る人ぞ知る栗の産地でもあります。

つわの栗は、昭和30年代に津和野の若者たちが一念発起して町内に栗の木を植えたのがはじまりで、昭和50年代には島根県内で最大の産地となりました。
津和野の栗は質が高く、美味しいことでも評判です。「丹波栗」で有名な京都の市場でも長年高い評価を受けており、その品質が認められています。

しかしながら近年は、気候変動・後継者不足などから栗の生産量が低下しているため、町内でもなかなか流通しない「幻の栗」となっています。

このイベントでは、そんな希少な栗が、「栗ひろい体験」で楽しめます。
ただし今回は新型コロナウイルス対策のため、完全予約制となり、時間帯での入場制限をして行われます。
会場でほくほくの焼き栗実演も行われる予定。
9月だけの希少なお楽しみを、どうぞお見逃しなく!

津和野栗ひろい

日程》9月12日(土)・13日(日)・19日(土)・20日(日)・21日(祝)
開園時間》10:00~15:00
 (最終受付14:00)
※各日30分おき、1組1時間以内、同一時間帯の入場可能人数は原則20名様までとします

入園料》小学生以上1,000円(自分で拾った栗500gお土産付)、
 未就学児300円(栗のお土産なし)
▪集合場所:中原集会所(津和野町高峯)

【申込方法】
WEBまたは電話にて。
※希望日・時間を第3希望まで提出。調整の上、確定日時のお知らせが連絡されます。
・WEB申込…https://ws.formzu.net/dist/S36380672/
・電話申込…津和野町商工観光課
(平日のみ/8:30〜17:15)☎☎0856-72-0652

☆新型コロナウイルス感染症対策のため、来場の際の注意事項があります。
詳細はwebサイトでご確認の上、お申込みください。

掲載の内容は余儀なく変更される場合があります。おでかけの際には、事前にご確認をお願いします。


SNSでフォローする
Translate »