地元情報誌が山口県を深堀していくウェブマガジン

【山口登山】やっさんぽ/周南市観音岳編

登山初めての方に
これほどお勧めの山はない!

やっさん

周南市のライフスタイルショップ「BEANS」の店長やっさんです。
お店では、服・アウトドア用品・登山用品・スノーボード等を取り扱っていますが、今回は山の事についてクローズアップして発信できる機会を与えていただきました。
このコラムを読んで、興味を持っていただける方が増えたら嬉しいです。
YouTubeチャンネル「やっさんぽ」はコチラ!

3月2日、
周南市湯野の観音岳に行ってきました。

湯野温泉郷を少し過ぎた所にある楞厳寺に登山口があります。
今回も登山口に駐車スペースと綺麗なトイレがありました。

雨上がりを待って出発しましたが、この日は天候の安定しない日でした。
降ったり止んだり、晴れたり曇ったり、風も強く肌寒い。
レインウエアを着っぱなしの山行です。

お寺の脇から入山し、すぐに目につくのがこういう石仏。

四国八十八ヵ所の石仏が登山道に沿って配置されています。
この石仏を数えながら山を歩くのも、オリエンテーリングの様で楽しめます。
簡易的ではありますが、お遍路さんの気分。

ですが、一ヵ所でも見逃してしまうと何だかとてもむず痒い思いをするので、数えるか数えないかはあなた次第です。


この観音岳もまた登山道は綺麗に整備されています。

石仏が目印になるので迷うこともないはずです。
もちろん入山に当たっては、登山地図をしっかり確認することは重要ですが。

そして登山ルートを歩いていると、疲れを感じる前に、程よい所に展望の良い休憩スポットがあります。

湯野の街を見下ろせるポイントなので、自然と一息つく事になると思います。

このような休憩所を兼ねた展望スポットを2カ所越えると、次第に水の音が聞こえてきます。
延命水です。

一口で三年、二口で十年ほど寿命が延びると書かれています。

ここを過ぎれば、ほどなくして開けた山頂に到着です。


いたる所にベンチがあり、天気が良ければかなり快適に過ごすことが出来そうです。

視界には湯野温泉郷や海から山々が広がり、大津島や石ヶ岳、千石岳、四熊ヶ岳などが見渡せ、また次の登山への意欲もかきたてられるのではないでしょうか。

そしてここで先程汲んでおいた延命水を使ってコーヒータイム。

たっぷりと水を使ったので、きっと150歳くらいまで生きてしまうのではないかと思います。

コーヒーを飲んでいると、眼下に虹を発見。

不安定な天気でしたが、登ることを選択したご褒美の様でした。
大きくて綺麗な虹を見降ろしながら格別のコーヒータイムとなりました。

虹が消えたと同時に下山開始。
しばらく登ってきた道を降りていると、「下山道」という案内板のある分岐地点に到着します。

そこを案内板通りに進むと、後半の石仏を見ることが出来ますし、行きとはまた違った雰囲気の中を歩けるので、飽きることなく下山することが出来ます。

下山口は楞厳寺の東側。
アスファルトの道に出たらお寺がすぐに見えますので、迷うことはないはずです。

店頭でもよく、「これから登山を始めてみたいんだけど、まずはどこに登ったらいいか分からない」
というようなご相談を受けます。

これからは、きっと迷わずこの観音岳をお勧めすると思います。
・分かりやすく歩きやすい綺麗でいて、適度に変化のある登山道。

・知らず知らずのうちに足を止めてしまうような展望ポイントや史跡スポット、湧き水。

・ゆっくり寛げて気持ち良い展望が広がる山頂。

・八十八ヵ所ある石仏を追いながら歩くという楽しみ方。

・道中簡易トイレもありました。

観音岳は初めての方が訪れてもおそらく、登山ってしんどい、疲れるだけ…
というような、ネガティブな感情だけが残ってしまうことはないのではないかと思われます。

お子様連れのご家族にもお勧めできます。

さらに下山後はすぐに湯野温泉で疲れを癒すことも出来ます。

初めての方も、ベテランさんも、楽しい一日を過ごせると思います。

今回もまたYoutubeチャンネル「やっさんぽ」にこの日の様子を動画でアップしています。

ぜひご視聴とチャンネル登録の方も、よろしくお願いします m(__)m

掲載の内容は2021年3月取材時のものです。


SNSでフォローする
Translate »