地元情報誌が山口県を深堀していくウェブマガジン

【長門】小さな洋館で行う産品・雑貨イベント 「へきの市」

写真提供:(一社)長門市観光コンベンション協会

地域が繋がる「へきの市」で
日置の魅力を再発掘!

長門市・日置の住宅街に佇む小さな洋館。

呉服店として大正時代に造られた建物を、元地域おこし協力隊・杉村さんをはじめとした地域の人たちで保存改修し、新たな姿へと生まれ変わりました。

ここでは毎月第2日曜に、地元農家さんの野菜や日置産の加工品、ハンドメイド雑貨などが集まる「へきの市」を開催。

現在は7事業者が出店中で、毎回顔ぶれが変わる一期一会の出会いも。
日置の魅力を再発掘できる場所として、今後さらに注目が集まります。

写真提供:(一社)長門市観光コンベンション協会

へきの洋館の裏手にある母屋では、ハンドメイド雑貨や古本を販売。
※ハンドメイド雑貨と古本の販売は来年夏まで休止中

へきの洋館

問合せ》[email protected](杉村さん)
所》長門市日置上古市6038
駐車場》あり
☆Instagram(@heki_smallhouse@hekinoichi2021)あり

★へきの洋館潜入レポート(動画)はコチラ
掲載の内容は取材時のものです。最新情報と異なる場合がありますので、事前にご確認をお願いします。


SNSでフォローする
Translate »