地元情報誌が山口県を深堀していくウェブマガジン

【山口散歩みち】りりまるのてくてくノートvol.3/山口市秋穂二島 臼美歩道編

話題の360度大パノラマの臼美歩道
山口市秋穂二島 兜山&岩屋山(高山)へ!

山口県のタウン情報誌トライアングルのスタッフ達が、自分達の趣味や強みを生かして記事にするコラムです。

今回の担当 りり丸

タウン誌では入社当時は体当たり企画「りり丸百番勝負」などを約10年担当。しかし年を重ね、体当たり企画は引退し、日々ゆるりと過ごす。が、ゴソゴソ度はおさまらない性分。県内をゴソゴソめぐりまくる。

本日は、ここ最近で一番感動した、山口県内の遊歩道のご案内です。

山口市秋穂二島にある兜山古墳&岩屋山(高山)の遊歩道「臼美歩道(うみほどう)」。
一昨年12月より整備を開始した遊歩道で、場所は山口市秋穂二島の美濃ケ浜海浜広場のほど近く。見晴らしがすばらしく、最近SNSなどで話題となっている場所です。

実際に歩いてみるまで、気になっていたことは、この遊歩道が
ちょっとしたお散歩コースなのか?
もしくは
しっかりめに歩く登山コースなのか?
いろんな方のSNSを拝見すると、簡単に歩いている人もいるようだし、しっかり長距離を歩いている人もいて…。どのくらいの体力を要する道なのかがイマイチ掴めず、ずっと疑問に思っていました。

結論から言うと、どのパターンでもいかように楽しめる優秀な遊歩道でした。
その人次第で道程をカスタマイズできます。

しかも兜山は標高34.6m、高山は標高101m。
そんな超低山なのに、海と町を見渡す大パノラマが広がります。コレってスゴイと思いませんか!?

それだけ丁寧に整備をされたということなのでしょう。
ちなみにこの道は、昔からあった荒れていた道を再整備し、「やまぐち森林づくり県民税」を活用して作られたそうです。

兜山古墳山頂にいたっては、駐車場に止めてほんの数mで山頂へ辿り着けちゃいます。
最初は高山への遊歩道の存在を気付かず、歩かずして帰るところでした。みなさんも、お気をつけください(そんな勘違い、私だけかな…?)

高山の山頂へは、ふもとから約10~15分程度で辿り着きます。
この道のスゴイところは、歩く道筋がずーっと開けた絶景が楽しめるというところ!
すばらしい尾根道なんです。

登山と身構えなるほどでないと思うので、きっと体力に自信がない方でも、この道は十二分に楽しめることでしょう。


高山山頂からのロケーション!


では、健脚者たちはどう楽しむのか?というと、兜山〜高山から先も遊歩道がずっと伸びており、「山口市老人憩の家 潮寿荘」までを結ぶ約1,300mの道が続きます。4つのピークがある山々の縦走ウォークをたっぷりと楽しめるというワケです。
もちろん「山口市老人憩の家 潮寿荘」にも駐車場があるので、そちら側から登って楽しむこともできますよ。

さらに山口市秋穂二島エリアには岩屋の鼻など、他にも素晴らしい散歩道があります。いろんな道と組み合わせて楽しんでみるのもオススメです!

穏やかで美しい碧色が広がる美濃ケ浜海浜広場。こちらにもぜひお立ち寄りを!

今回もすばらしい景色と道に出会えました。
また次回からも、未知なる道を探し求めて出かけて行こう!

兜山~臼美遊歩道
(かぶとやま~うみほどう)

問合せ》秋穂二島地区連合自治会
☎083-987-2634

掲載の内容は取材時のものです。最新情報と異なる場合があります。ご了承ください。


SNSでフォローする
Translate »