地元情報誌が山口県を深堀していくウェブマガジン

【長門】温泉街の入り口にOPEN!!レトロ可愛いお土産処/おとずれ堂

湯本のそぞろ歩きの、
始まりはココから。

長門湯本温泉の駐車場から、音信川へと延びる竹林の道。
その途中にあるのは、古民家をリノベーションしたお土産処で、2020年4月3日にオープンしました。

こじんまりとしたお店ながら、長門湯本らしさにこだわったオリジナル雑貨やポストカードなどが様々に揃います。
隣室には、長門市の萩焼・深川萩のミニギャラリーも併設。

店主の赤川さんは地元の出身。萩焼にも造詣が深くギャラリーに飾った作品についての簡単な説明もしてくれますよ。
また、場所がら各種パンフレットなども常時揃うので、長門湯本の観光案内所的な役割も担います。

元茶室を使った萩焼ギャラリー。取材時は坂田泥華・慶造親子の作品を展示中。随時更新予定。

こちらが生まれたのは、長門湯本温泉の再生を目的に進行中のまちづくり『長門湯本みらいプロジェクト』の過程の中。
著名な建築士やデザイナーも数多く関わっています。
実は、このクリエイターさんたちは、地元の方々と協力しながら、これからも長門湯本の街と歩もうとしてくれているのだそう。

お店の土間の一二三石。よ~く見ると…!ワークショップで地元の人たちが飾ったもの♪

この『おとずれ堂』を含め、温泉街に新たに生まれたお店の経営にも関わる方々が多いとか!
ちなみにこちらのオーナーは、大阪の照明デザイナーさん。
店内は、元々あった建物を生かしつつも、空間そのものもデザイナーの感性が発揮されています。浴槽や足湯などをイメージしたディスプレイはレトロ可愛い雰囲気もあり、眺めるだけでワクワクするはずです♪
ぜひ足を運んでみて。

※価格はすべて税込み

人気の竹箸 各¥550



サコッシュ¥1,500などが入った箱は、実は元々掘り炬燵!

ポン菓子¥300~など、懐かしのおやつも!

お土産・ギャラリー おとずれ堂 

☎080-4026-3935
所》長門市深川湯本2321-1
営業時間》金〜月曜の10:00〜19:00
 ※祝日は営業予定
駐車場》湯本有料駐車場利用
https://otozuredo.stores.jp/

掲載の内容は取材時のものです。メニューや価格、営業時間、定休日など、最新情報と異なる場合がありますので、事前にご確認をお願いします。


SNSでフォローする
Translate »